3月28日(火) シラハトツバキ

170328sirahatotubaki花の直径が3cm少々しかありません。豪華絢爛を競うかに見える椿の世界で、サイズは極小の部類、色はシンプルの極みという逆張りの一品です。
中国の山に育つ種類で、小型の椿を作出するときのベースとして重宝されているのだそうです。椿を何本も植えることなど望めないふつうの庭にわざわざこの椿を植える人はいないようで、もっぱら植物園で眺めるものになっています。
ただ、いつも思うのは小さい形容として「鳩」が適切かということです。サイズとしては「雀」と言いたいのに、白い雀など見たことがありません。エナガやシジュウカラならかなり白いものの、黒い模様が邪魔をします。
仕方がないので、手品師が使う、あの鳩だと思うことにしました。飛び立つときは大きく見えても、袖に入っているときは、たぶんこの花のようなのでしょう。

過去のきょう 2016 ハコネウツギとニシキウツギ 2015 フユザンショウ 2014 フィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ) 2013 ミスミソウ(ユキワリソウ) 2012 ヒロハアマナ 2011 アケボノアセビ 2010 メタセコイア(雌花) 2009 オランダカイウ(カラー) 2008 ミズバショウ 2007 ヘビイチゴ 2006 ハナノキ 2005 モモ

| | コメント (0)

3月27日(月) ツクシチャルメルソウ

170327tukusityarumerusou去年、東北某県の山で偶然にコチャルメルソウを見つけたとき、次の標的を「コ」なしのチャルメルソウと決めたのに、ことは思惑どおりには進みません。
今回眼前に現れたのは、筑紫の名を冠にいただくチャルメルくんでした。チャルメル仲間は、世界の半分ほどの11種が日本に生息するそうで、しかもそれらは日本固有種と言います。敷島の国・瑞穂の国はチャルメルの国でもありました。
それらチャルメル仲間のうち、全国区なのは先に見つけた「コ」だけで、あとは「コ」なしのチャルメルソウを含め、かなり局地的に生息するようです。今回、栽培品を撮影できたツクシ以外にも、地名を冠した種類が多く、めでたく全11種をここに収録できるのは、確実に来世のことになるはずです。

過去のきょう 2016 オオムギ(六条大麦) 2015 アマナとヒロハノアマナ 2014 タカトオコヒガン 2013 ジャボチカバ(キブドウ) 2012 モクレイシ 2011 ユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ) 2010 メタセコイア(雄花) 2009 ヤブサンザシ 2008 キブシ 2007 ミツマタ 2006 ザゼンソウ 2005 ヒュウガミズキ

| | コメント (0)

3月26日(日) ダンコウバイ

170326dankoubai_fダンコウバイ、5度目の登場にしてようやくの雌花(雌株)です。恥ずかしながら、初めてダンコウバイという木を知ってから12度目の春です。かなり躍起になって捜索したのに、庭木としてはとてもレアなので、「発見」に手間取りました。
で、それだけの執念は報われたかと言えば、わかっていたことではありながら、このショボさにはつくづく呆れます。あるかなしかの雄シベの痕跡を従えた雌シベ(柱頭)は、長さが3mmもないほど、花びらだってごくつましいものです。
170326dankoubai_mあまりさびしいので、オマケに雄花(雄株)を載せます。パッパカパーと開いた雄シベに、見る方が気恥ずかしくなります。雌雄両方の写真に見えている葉芽を比べれば、雌花のささやかさと雄花の派手さの違いがわかります。
さてこれでダンコウバイの実を写せる目処はついたわけで、花の蕾を実と勘違いしたなどという悲しい過去ともようやくサヨナラできそうです。

過去のきょう 2016 マンサク 2015 ツノハシバミ 2014 ヒマラヤユキノシタ 2013 フラサバソウ 2012 シュンラン 2011 ハッカクレン 2010 ハチジョウキブシ(雌花) 2009 フッキソウ 2008 キュウリグサ 2007 ダイコン 2006 シンビジウム 2005 チューリップ

| | コメント (0)

3月25日(土) ヒメウズ

170325himeuzuかつては貴重品だと思っていたものが、ドバッと目前に現れるのは、ありがたいことである反面、もの悲しさも伴います。一輪だけ写して喜々としていたころが笑えてしまうほどに大きなヒメウズの群生を見て、なんだよぉ…などと独り言です。
後ろも前も、右も左も、みんなヒメウズで、ヒメウズの大特売会状態です。草木の撮影に魚眼レンズの必要性を感じたことなどなかったのに、これは新しい貯金を始める動機が一つできてしまいました。
かつて、さかしらげにヒメウズの種のこぼれ方に難癖をつけたことに赤面です。たとえパラパラと数粒落とすだけでも、それが営々と続けばものすごい数を播くことになるし、元々多年草なのだから、大特売会などお茶の子さいさいなのでした。

過去のきょう 2016 キクバオウレン 2015 マツバラン 2014 ウグイスカグラ 2013 オトコヨウゾメ 2012 カワヅザクラ 2011 フチベニベンケイ(カネノナルキ) 2010 ハオルシア・オブツーサ(雫石) 2009 カランコエ・ラクシフロラ 2008 ハナノキ(雄花) 2007 ナツグミ 2006 シュンラン 2005 フッキソウ

| | コメント (0)

3月24日(金) イボタノキ

170324ibotanokiやれやれ、肩の荷が下りたとはこのことです。イボタノキと言えばイボタ蝋で、昔、敷居に…云々、木よりも蝋の方が有名ではないかと思うくらいです。
そんなに有名なら、その蝋の元になるイボタロウムシの分泌物を見なければ!と思いつつ、無為に過ぎて行く年月に泣かされてきました。その涙がようやく乾く日が来たのです。おお、まるでこの枝だけが樹氷のようです。そして、その雪肌に点々と見える黒い穴がイボの語源だと言います。
そんな多少の気色悪さなど好奇心の前では物の数ではなく、この白い物体をつまんで潰してみました。滑りません。ニチョッとした感触です。
イボタ蝋の製法を調べてみたら、加熱して溶かし、冷やして固めるとあります。融点が高いので、夏でもべとつかないことが特徴でした。とは言うものの、拙宅の敷居にはビニールの敷居すべりが貼られ、碁石を磨くのにいいと言われても、碁や将棋はルールもさっぱり、という無粋者は、ニチョッだけで大感激なのでした。

過去のきょう 2016 モモ 2015 シナミザクラ(カラミザクラ) 2014 ハナニラ 2013 オランダガラシ(クレソン) 2012 ノシラン 2011 サワラ 2010 スノーフレーク 2009 ヒサカキ 2008 キクラミネウス水仙・ジャンブリー 2007 ゼンマイ 2006 カツラ(雄花) 2005 ヒアシンス

| | コメント (0)

«3月23日(木) アルアウディア・アスケンデンス